カムサの感謝ブログ

中小企業のクラウドやソーシャルメディア活用を支援してIT活用のスキルアップを支援するカムサ株式会社

清々堂々 - トップページへ

iPhone4(4S)の連絡先とGmailの連絡先を結合させなくてもGoogleカレンダーも便利に使える覚書き

Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - iPhone4(4S)の連絡先とGmailの連絡先を結合させなくてもGoogleカレンダーも便利に使える覚書き
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

iPhone4Sが発売されました。これに伴い、iOS5にアップデートされて200の機能が追加されたわけですが、目玉はiCloudではないでしょうか。Appleが一人に5GBの無料のクラウドスペースが提供されて連絡先やカレンダーなどのデータをWiFiでバックアップできてしまう優れものです。クラウドサービスが俄然、注目されるようになってきたわけです。GmailをはじめとするGoogleの各種サービスも大変便利ですね。今回は、連絡先の管理について私が実際に使っている内容に触れてみたいと思います。

iPhoneの連絡先とGmailの連絡先を結合してiPhoneの連絡先として使用することが可能です。私も以前、結合してみたところフリガナや姓名の関係で、iPhoneの連絡先とGmail連絡先の内容が重複したり、姓名が逆になったりしてiPhone連絡先がぐちゃぐちゃになった苦い経験があります。(現在、Gmail連絡先は、フリガナがつけられるのでこのような事にはならないかも知れません。私は未検証です)私なりの使い勝手の良さを発見して現在は快適に使っています。その方法をお伝えします。

前提条件
1.iPhoneの連絡先情報にe-mailアドレスは必要ないものとする。
2.iPhoneの連絡先情報をiCloudでWiFiバックアップしてパソコンでもデータ整理を簡単にできるようにする。

iPhoneの連絡先情報には、e-mailアドレスを入れていないがGmailの連絡先を活用する

基本的にiPhoneのメールの送受信は、SMS(MMS)で行うようにするという原則目的を持てば、e-mail情報は不要となります。但し、Gmailの設定でIMAPを有効にすれば、iPhoneのメールでGmailの全ての送受信データや連絡先も同期できるので、メールを送信する際、宛先を入力すると候補で表示されるのでこれを使うことにします。

iPhoneの連絡先はiCloudで同期して編集などはパソコンで行うと早くて便利
iCloudを使用することでiPhoneの連絡先がWiFiで同期されます。連絡先のフリガナや詳細情報などを編集する際、パソコンで行うと大きな画面でもあるので早くて便利です。もちろん、編集後のデータもiPhoneに自動で同期されます。

Googleカレンダーの全てのカレンダーをiPhone純正のカレンダーアプリと同期する
下記のサイトに手順がありますのでご参考にして下さい。(とてもわかりやすいです)iPhoneの設定でGoogleカレンダーだけを設定することで、複数のカレンダーをiPhone純正のカレンダーアプリに同期させることができます。便利なアプリもたくさんありますが、これだけで充分使うことができます。

iPhone純正カレンダーとGoogleカレンダーの全てを同期させる方法

このポイントを押えておくだけでデータがぐちゃぐちゃになったりするリスクから回避できて充分、日常で活用することが出来ると思います。

iPhoneの設定はカレンダーのみをONとする

カテゴリー: Google, iPad, iPhone, アプリ, クラウド, 便利活用   パーマリンク